これなら痛くない!大人でも楽しめるペアグッズとは?

これなら痛くない!大人でも楽しめるペアグッズとは?

0
update

大好きな人と同じものを持ちたい、そんな気持ちは何歳になってもありますよね。でも大人になればなるほどペアグッズが痛いと思われてしまいやすいです。どうしたら大人でも安心してペアグッズを持つことが出来るのでしょうか。今回は、大人でも痛くないペアグッズの持ち方について紹介します。

0
update

大人になるとペアグッズは痛い!?

恋愛/shutterstock.com

カップルになると、ペアグッズって欲しくなりますよね。

でも大人になるにつれて「彼氏とペアなんだ」と周りに言うと「この歳で彼氏とペアグッズを持つなんて」と言われてしまったりすることが多くなりませんか?

10代や20代前半の若いうちならペアグッズを持っていても「ラブラブなんだね」と周りから羨ましがられていたのに、歳をとって大人になるほど「ペアグッズなんて痛い」と思われてしまうんですよね。

しかしペアグッズを持つことに年齢制限があるわけではないのです。

10代や20代はもちろんのこと、30代や40代、70代や80代の大人の世代だってペアグッズを持っていいものです。

何歳になってもペアグッズはありとはいえ、やっぱり周りの目が気になってしまいますよね。

「彼氏とお揃いなんだ」というのを黙っていながらペアグッズを持っていたとしても、カップルで一緒に歩いているときに周りから「あのカップルはペアグッズを持っている」とバレてしまうこともありますし、「羨ましい」と思ってくれる人ばかりではないのが現実です。

誰からも羨ましがられる方法はないかもしれませんが、痛いと思われにくくする方法ならあるんです。

そこで今回は、大人のカップルが持っていても痛いと思われないペアグッズについて紹介します。

家の中で楽しめるもの

サムネイル/shutterstock.com

まず初めに紹介するペアグッズは、家の中で使えるものです。

恋人とペアのものを持っているということ自慢したい人にとっては、家の中で使えるペアグッズなんて興味がないと思うかも知れませんが、周りに見せようとしてしまうから痛いと思われてしまいやすいんです。

確かにペアグッズを周りに見せびらかしていれば、自分と恋人がカップルだということを周りにアピール出来ますし、恋人に寄ってくる異性は減るかもしれません。

でも周りに見せびらかせば恋人との仲がより深まるわけではありませんよね。

二人がどれだけ仲良しかは自分達がわかっていればいいことであって、周りの人に過度なアピールをすることはないんです。

だからこそ、ペアグッズだって家の中ですればいいのです。

家の中で出来るペアグッズは、ルームウェアやスリッパ、食器などです。

外でのペアルックは恥ずかしいという人でもルームウェアなら誰にも見られることはないので安心してペアに出来ると思います。

身に付けるものをペアにすれば、より2人の仲が深まりそうですよね。

食器は日々使うものですし、同棲していなくても恋人が遊びに来たときにペア食器を使えますよね。

家の中なら全てをペアグッズにしても周りの目を気にすることはないので、2人だけで楽しめます。

また、ルームウェアにしても食器にしても凄く高いものというわけではないので買いやすいというのもいい点だと思います。

長く使っていけるものが多いので、付き合っている時はもちろんのこと結婚してからもペアグッズを使えちゃうかもしれませんね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

charms掲示板