好きな人から連絡がこない…。連絡がこない理由とは?

好きな人から連絡がこない…。連絡がこない理由とは?

3093
update

好きな人との距離を縮めるために、好きな人とメッセージのやりとりをするというのは片思いをしている人にとってはとても大切なことだと思います。でも好きな人から連絡がこないとやりとりは続けられません。好きな人から連絡がこない原因は何なのか、紹介します。

3093
update

好きな人から連絡がこない。

Woman hand using smart phone, Contact us connection concept

Monster Ztudio/shutterstock.com

好きな人に自分のことをアピール方法は、直接好きな人に話しかけることだけではありません。

今の時代は誰とでも簡単に連絡が取り合えるようになって、その方法は電話だけではないため、相手の都合に左右されることなく連絡することが可能になりました。

メッセージのやりとりならば、会えなくても自分のことをアピールしやすいですし、周りの目を気にすることもありません。

「好きな人のことを見ると恥ずかしくなってしまう」なんていう人でも、メッセージを送ることなら出来るはずです。

でも、好きな人とメッセージのやりとりをするためには、好きな人から連絡がこなればいけません。

こちらが一方的にメッセージを送っても好きな人には届きますが、好きな人からの返事がなれば話を続けることが出来なくなりますよね。

連絡をしているのに、好きな人から連絡がこないというのは何故なのでしょうか。

そこには理由があるのかもしれません。

そこで今回は、好きな人から連絡がこない理由について紹介します。

めんどくさいと思われたから

businessman working with modern devices, digital tablet computer and smartphone,Hipster texting message on mobile,selective focus,vintage color

Have a nice day Photo/shutterstock.com

男性って、メッセージのやりとりをするよりも直接の方が好きという人の方が多いんです。

それは、メッセージを送る際の過程がめんどくさいからで、文章を打つことも、送った文章に対して返事がくるまでの時間を待つことも、男性にとってはあまり楽しめないことだったりします。

もちろん相手が彼女であれば、めんどくさいと思う気持ちよりも、彼女との仲を深めたいという気持ちの方が強いので、メッセージのやりとりに苦痛を感じることはありません。

でも、女性の片思いで男性の方にはまだ気持ちがない時は、めんどくさいと思う気持ちの方が強くなってしまうのでメッセージが来ても連絡をしないことがあります。

直接話すことで相手からの反応を待つことはありませんし、文字を考えながら打つこともないので、男性にとっては楽なんです。

女性は「好きな人からどんな返事が来るのだろう」と待てますし、メッセージの文字を打つことも苦痛と感じにくいので、直接話すことにメリットがないというわけではありませんが、メッセージのやりとりの方がメリットを感じやすいかもしれません。

メッセージのやりとりがめんどくさいと思っている男性とメッセージのやりとりを続けたいのならば、メッセージは長文ではなく短文にしましょう。

そして、あまり頻繁に返さないようにして下さい。

長文だと男性は読むのがめんどくさいとなってしまいますし、女性から頻繁にメッセージが返ってくると疲れてしまうのです。

好きな人から連絡がこない時には、自分の送ったメッセージを見直してみて下さい。

もしかしたら長文のメッセージを送ってしまっているかもしれません。

レスポンスが早くなってしまっているかもしれません。

でもそうなっても次から直していけばいいので、好きな人に「こんなメッセージ送ってごめんね」と再度メッセージを送る必要はありませんよ。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

charms掲示板