気をつけて!LINEにも落とし穴が??その落とし穴とは?

気をつけて!LINEにも落とし穴が??その落とし穴とは?

1216
update

ラインが連絡の主流になって、既読無視とか、連絡過剰とかいろいろ問題が出てきてますが、今回は連絡過剰について書いてみました♩

1216
update

連絡手段の時代背景

スマートフォン

Kostenko Maxim/shutterstock.com

90年代のポケベル、00年代のメール、に変わって2010年代からはLINEが連絡手段として幅広く用いられています。

メールよりも速報性が高く、スタンプの登場で感情表現の方法もバリエーション豊かになりました。

恋愛においてもLINEのやり取りをせずに、男女間の仲を発展させることは非常に困難といえるでしょう。

ただ、メールが主流の時も異性へのアプローチ方法としてメールの上手or下手があったようにLINEも上手く使えば恋愛を成就させやすくなります。

逆に言えば、LINEを上手く使えないと自分を好きにさせることができず恋愛も成就しません。

さらにLINEの特徴として、ツールの使い方の恋愛の成就に影響する割合はメールよりもLINEの方が高くなったといえます。

つまり、メールが主流の時はやり取りで多少のミスをしても後で挽回は十分可能だったのですが、LINEだとやり取りのちょっとしたミスが大ダメージ、場合によっては命取りになる、ということなのです。

では、どのようなミスがLINEでは落とし穴になってくるのでしょうか?

気になる異性へのLINEのし過ぎ

スマートフォン

View Apart/shutterstock.com

まず考えられるのがこの理由です。

メールの時でもそうでしたがLINEも同じで、気になる異性へのLINEの送りすぎは警戒される可能性があります。

中には、寂しがり屋で常にLINEのやり取りを求めている男女もいることはいますが、全体の中で見ればそう多くはありません。

もちろん女性から見て、気になっている男性からのLINEが多少多い分には問題はないでしょうが、何の興味も示さない男性からの過剰なLINEは逆にマイナスになります。

男性の中には「女性はLINEが大好きで常にLINEをしたい生き物だから、LINEでどんどんアプローチをしていけばいい」と思っている人もいるとは思いますが、この考えで女性に臨むことは非常に危険です。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

charms掲示板