せっかくキスするなら気持ちよくなりたい!気持ちがいいキスをするためのコツとは?

せっかくキスするなら気持ちよくなりたい!気持ちがいいキスをするためのコツとは?

2237
update

恋人になって手をつないだら次はキスをするのではないでしょうか? ただ、キスってやり方が分かっていると気持ちいいものですが、下手な方だとお互いの歯があたってしまって痛いということもあります。 コツを覚えて彼を腰砕けにしてしまいましょう。

2237
update

プルプルの唇

唇

Roman Samborskyi/shutterstock.com

男性は女性のことを弱い生き物だと思っています。

また、筋肉がつきやすく全体的にゴツゴツとしている男性と違い、女性は脂肪を溜めやすいのでプニプニしていて柔らかいです。

この柔らかさを感じたときに男性は「ああ、女性の体だ!」と感じるわけです。

キスしているときも同じことです。

キスしたときに唇がプルプルだと「柔らかい!」と思うので、気持ち良くなりやすいです。

顔のパックはメジャーですが、最近では唇専用のパックも出てきました。

デート前日にパックするのもいいですが、唇の潤いを保つためには日頃のケアも重要です。

日頃からパックなどでケアしてあげるようにしましょう。

ちなみに、よく唇を触ってしまうという方は唇が荒れやすくなります。

乾燥していて皮が剥けていても手で触らず、リップを塗るようにしましょう。

こういう唇には保湿成分が配合されているリップが効果抜群です。

反対に、メンソール系のスッとするリップは乾燥を促進させてしまうことがあるので、肌に合わないと感じたら使用をやめてみるのも1つの手かもしれません。

どうしても乾燥が気になるという方はキスをする少し前にリップを塗るようにしてください。

キスをする直前に塗ってしまうと少しベタついてしまうので、塗る時間は調整してみてくださいね。

唇の力を抜く

キス

4 PM production/shutterstock.com

女性の場合は男性からキスされることが多いのではないでしょうか?

こちらからだと恥ずかしくてなかなか積極的になれないという方も多いと思います。

なので、ここではどうしたら相手のキスを受け入れながら相手を気持ちさせられるかについて考えていきます。

相手に気持ち良くキスしてもらうには力を抜くことが一番です。

相手からキスされたときに自分も応えたいと思ってしまいますが、ちょっとだけ我慢して力を抜いてみてください。

舌は緊張して力が入ると固くなります。

また、相手に応えようとして力が入るとさらに固くなるでしょう。

固くなってしまうと相手の舌の感触が感じられなくなり、自分はもちろん相手も気持ち良くなれません。

まずは力を抜いて相手の舌のザラザラ感を味わってみてください。

それだけで気持ち良さが全然変わってきます。

力を抜くために大事なことは緊張しないことです。

ファーストキスだったらまだしも何度もキスしているのに緊張してしまうことはありませんか?

もしかしたら次こそは気持ち良くなってもらおうと思っているからかもしれません。

相手の舌の温度が分かるくらい力を抜いてみてください。

口の中の性感帯を狙おう!

キス

Expensive/shutterstock.com

ディープキスって舌を絡ませるだけだと思っていませんか?

実は、舌を絡ませているだけでは快感はあまり得ることができないんです。

舌は確かに柔らかくて気持ちいいのですが、性感帯ではありません。

一般的に性感帯というと胸や性器を連想するかもしれません。

ところが、口の中にも性感帯ってあるんです。

1つ目の性感帯は上あごの下側です。

ちょっと丸くなっている部分は皮膚が薄くなっているので、刺激に敏感になっています。

ちょっと舌先で触ってみてください。

自分で触っているだけでもゾクゾクしませんか?

その感触がするということは性感帯なんです。

舌先で優しく刺激してあげると相手も気持ち良くなってくれるはずです。

あまり強く刺激してしまうと痛みを感じてしまうので注意してください。

もう1つの性感帯は舌の裏側のすべすべしている部分 です。

ここは自分で刺激するわけにはいきませんが、相手の舌の付け根から上の方に滑ってくるように動かすと気持ちいいと感じられるはずです。

これらの性感帯以外に人によっては歯列をなぞられるのが気持ちいいと感じることがあるなど人によって感じるポイントは様々になります。

頰の内側が気持ちいいという方もいるので、ぜひ色々な部分を試してみてください。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

charms掲示板