ゼクシィ縁結びカウンターってどう?出会いをつかむ必見ポイントとは?!

ゼクシィ縁結びカウンターってどう?出会いをつかむ必見ポイントとは?!

2331
update

若い人たちの間で利用者の多い結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」。どんなシステムで、どんな人に適しているのか、他の相談所と比べながらご紹介します。「ゼクシィ縁結びカウンター」のサービスを最大限に有効活用して、理想のお相手を見つける技も合わせて掲載しています。

2331
update

結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」を徹底解析!

婚活

Smirnof/shutterstock.com

みなさんご存知ですか?

あの人気ブライダル情報雑誌“ゼクシィ”が、結婚相談所を運営していることを。

その名も「ゼクシィ縁結びカウンター」。

普段から雑誌をチェックしている人はもちろんご存知かもしれませんが、ブライダル情報雑誌を手に取ったことのない人にとっては初耳かもしれません。

特に女性からの人気と信頼が高い相談所で、会員の約60%が女性です。

今回は、この「ゼクシィ縁結びカウンター」について紹介しながら、その強みと弱点をご説明していきます。

「ゼクシィ縁結びカウンター」の強み!

「ゼクシィ縁結びカウンター」の大きな特徴として、会員の年齢層が若いことが挙げられます。

会員のなかで20〜30代男性が67%、女性が83%と、男女ともに他の結婚相談所よりも若年層が多く、20代の割合が特に高いです。

若い人たちに人気の理由と強みである、もう一つのポイントが料金の安さです。

他の結婚相談所では1年間に60万円以上かかるところもありますが、「ゼクシィ縁結びカウンター」は年間費用の総額が222,000円、もっと安いシンプルプランだと138,000円で活動できます。

「ゼクシィ縁結びカウンター」の弱点とは?

若年層に会員が多い「ゼクシィ縁結びカウンター」ですが、会員数が少ないことが残念な点です。

会員数1位を誇る「IBJメンバーズ」が5.9万人であるのに対し、「ゼクシィ縁結びカウンター」は2.3万人とその差は歴然となってしまいます。

ただし、「ゼクシィ縁結びカウンター」は2015年4月にサービスを開始したばかりで、まだまだ若手の結婚相談所です。

着実に会員数を獲得しているため、今後はその実績を伸ばしていくかもしれませんが、現段階では決してトップクラスとは言えません。

もう一点気をつけたいのが、「データマッチング型」の結婚相談所であるということ。

結婚相談所には大きく、パートナー探しをコンピューターが行う「データマッチング型」と、担当者がパートナー探しを一緒に行ってくれる「仲人紹介型」があります。

「データマッチング型」は料金が安い分、そのサポートは決して手厚いとは言えません。

担当者がつかないわけではありませんが、相談したい際には自ら積極的にコンタクトをとっていく必要があります。

しっかり担当者と計画を立て、相談しながら婚約まで見守ってほしい、という人には、「データマッチング型」の相談所はサービス不足に感じてしまう可能性が高いです。

「ゼクシィ縁結びカウンター」で一歩を踏み出す

なにより料金がお手頃なので、気軽に結婚相談所を利用してみたいという人に「ゼクシィ縁結びカウンター」は適当です。

若いパートナーを探している方も、出会いのチャンスが得られやすいかもしれません。

ただし会員数の少なさは、出会いのチャンスの少なさに反映してしまうため、本気で理想のパートナーを厳選していくこと目指している人には、向いていないと言えます。

やはり結婚相談所選びでも、自分のニーズに合う相談所を探していきたいですね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

charms掲示板